土地や家、マンション売りたい

土地や家、マンションを売りたい、できればより高く、高値で売りたい。最新の不動産売却事情や空き家対策について。

*

マンション 売る注意点

   

マンションを売るというのには、オーナーさんそれぞれの事情があると思います。
マンションを買ったけど、新しいマンションに住み替えするとか新たに家を購入したとか、投資物件としてのマンションを売りたい、転職とか転勤、または移住などで今住んでいるマンションにはもう戻らないというどちらかといえばポジティブなイメージのマンション売却もあれば、住宅ローンが支払えなくなってやむなく売る、離婚でマンションを売るなどなど、とにかくいろいろな事情があると思います。

ただ、どういう事情にしろ、マンションを売るとなると高い値で売りたい、とにかく1円でも高く売って損をしたくない!というのが正直な気持ちだと思います。
中には、安くてもいいからとにかく早く手放したい!という方もいるかもしれませんが。

マンションは、よほどの物件でない限り、一度住んでしまえば、価値が下がってしまいます。
いくら買う時は高額で何十年のローンを組んで買ったとしても、価値自体は年数とともに下がっていくものです。
ただ、売り方によっては高く売れることもあれば、何も知らずに不動産屋に言われるがままに売ってしまって数百万円の損をするということはよくある話。

そんな風に損をしないでマンションを売るときの注意点にはどのようなものがあるのでしょう?
まずは、やみくもに不動産屋に売却話を持ちこまないこと!
これはとっても大事です!

今は、不動産屋に持ち込むよりもネットでのマンションの簡易査定というのがあるので、そういうものを利用して、大まかな売却金額などを算出するようにします。
もちろん、こういう見積もり金額は大まかな査定額なので、実際にそのとおりになるとは限りません。安くなることもあれば、万が一ですが、高くなることもないとは言い切れません。

また、高く売るという事に関していうと、不動産の取引ってオンシーズンオフシーズンというか、繁忙期、閑散期というのがあるものなんです。
このシーズンをうまく利用することも高く売るチャンスとなります。

やはり春先というのは、賃貸物件などもそうですが、良く動く時期。
この時期は高く売れやすい傾向があります。

ただ、タイミングもあるのですが、マンションを売るのに決断をしっかりする!ということも大事で、いつまでも優柔不断に決断しなければ、せっかくのチャンスをムダにしてしまうことにもなります。
多少、自分の希望額よりも売却額が低いとしても売れるときに売る!という決断も大事になってきます。

 - マンション 売る